テーマ:

しゃばけ

好きな時代物ということ、そしてタイトルが気になって『しゃばけ』(畠中恵著 新潮文庫)を読みました。 生まれつき身体の弱い廻船問屋の若だんなが、家族同然に自分を守り育ててくれた妖怪たちと、殺人事件の解決に乗り出すという話。 タイトルの「しゃばけ(娑婆気)」とは、俗世間における、名誉・利得などのさまざまな欲望にとらわれる心のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳と卵

川上未映子の芥川賞(第138回)受賞作、『乳と卵』を読みました。 “句読点がなく、息の長い文体”のことが話題になっているようでしたが、読んでみると私にはそれほど違和感がなかった。その瞬間瞬間の不安やとまどいみたいなものを忠実に切り取ったもののように感じられて、すんなりと読めました。 話は、東京で暮らしている主人公のところに、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more